コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

塾の先生には本音がいちばんと思った

塾の懇談、何度かして頂いて、かるーく志望校についての話もしてきました。

 

息子はギリギリですが、灘クラスの資格を保持しており、どのクラスが適正かを相談したときのこと。

「正直、灘どうこうというのは置いといて」と、先生が言われました。ここから灘を目指していくのはやめておいた方がいいという意味だと思います。

 

うちは灘を目指すことはないので(卑下するわけでなく、息子は頑張っているけど、そのレベルの子たちと学校生活を楽しめるとは思わない)、ショックを受けることはありませんし、ましてや、あなた失礼ね!なんて全く思わないのです。

 

「もしかして届くかしら」なんて、みじんも思わない本音で、灘クラスや灘特訓に在籍する意味をお聞きすることができました(東大寺や洛南を目指す場合は検討するといいようでした。甲陽志望だけどKクラスに通えない場合なども)。

今の第一志望は、入塾当初「ここに行ければ大満足です」と言っていたところからはかなり難化しているのですが、「恥ずかしいわぁ」なんて思わず包み隠さず相談し、親子とも納得して現在のクラスに通っています。

 

でもでも、上位志望校はそれでいいのですが、併願校が難しい。

どうしても、有名どころ中心に見るんですね。息子が頑張っているのでつい期待してしまう。

りいさ母じゃないですが、「聞いたことある学校」基準。

 

先生に「だいたい調べたんですが、他に理科に力を入れている学校ありますか?」とお聞きしたところ、「S学園はどうですか?」とのことでした。

地味めなポジションの学校で、R4一覧ばかり気にしていた私は、ちょっと心外に感じてしまったんですね。有名校ばかり口にする我が家に対し、いさめる意味で言われたのかと思って。でも実際息子は頑張ってるし、それが適正なんじゃないかと。

 

その時聞けば、先生の真意もわかったのでしょうが・・・ザ・日本人、不満なときはとりあえず黙って笑っておくことを美徳と考えがちです。

 

 

最近学校見学が増えていて、またまた有名どころばかり検索していたら、息子に「先生が言ってたS学園もまだ見てないよね」って言われました。

 

念のため見ておくか。

・・・・て、え!めっちゃ理科に力入れとるやないかー!!!

息子の所望する部活(「理科部」ひとくくりじゃなく、物理とか細かく分かれて専門的にしていること)あるやんか!ほんでめっちゃ実績出してるし。

おまけだけど、「運動部に入るなら」と所望している弓道部まであるやないかー!

 

R4的には、今の成績では初日に受けることはなさそうだけど、難化する後期、しかもここを受けるとなると☆が取れず満身創痍の状態と思われる中では、適正な偏差値帯。

その上後期日程は、息子が「絶対に行きたくない!」と言っているRやSと被っているだけ。RやSは息子の志望校の鉄板併願校のようですが、さすがに息子の断固拒否を無視する理由も見当たらず、ここまで☆取れてなかったら受けるところなくて困りそうだなーと思っていたところ(それでもS学園は見えていなかった愚かさ)。

 

我が家の事情にぴったりじゃーん!

 

さっそく見学に!と思いますが、もっと前からあった機会を軒並み逃しています。これから他校の見学もたくさん始まる時期に予定調整大変だなーと、懇談時期に真面目に考えなかったことを後悔しました。

 

教訓、塾の先生には本音で!もちろん失礼のないように、聞きたいことは聞こうと思います。

 

で、今まだ気になっていること。

S学園ではなく、現在の筆頭併願校について、「特徴がないのが特徴という学校ですね」って言いましたよ、先生。

どういう意味ー!?

未だよくわからず絶賛後悔中です。

 

待つことのエキスパートたれ

大阪は異常な感染者数、兵庫はうちわを配って炎上と、ちょっと心配な関西です。

 

でも今のところ平常運転。

今週末も育成テストが迫ってきました。

今回も無事に、漢字チェック終了です(覚えたかどうかは別として)。

「複」がしめすへんになっていました。

「営」の上が「常」のやつになっていました。

 

 

2月の勝者、待ちきれずに発売日の昼休みに読みました。

待てるようになりたいっす。

でも、待てないのよー(T_T)

どうしても今、漢字の訂正をしたいんです(そんな小さな話じゃないか)。

本人が痛い目にあって、勉強の仕方を学ぶこと。

そりゃそうなってくれたらいいけども、

でも、まるみ母じゃないですが、

それは、「今じゃない」としか言えない・・・

今、中学受験させたいんです、たとえ向いていなくたって。

小さい石、全部どけたーい!

漢字をいちいち覚え間違えていられたら困るんです。

とは言え、石のいくつかは見て見ぬふりをしなければと、自分に言い聞かせています。

 

 

まるみちゃんの話に感化されて、

学校から帰った息子を観察していました(リビングモニターで)。

いつもなら、

「宿題した?」などとメールし、

「見てまっせ」な空気をガンガン出すのですが、

待ってみました。

ジリジリジリジリ・・・

 

4時に帰宅して、

・リモコンを手に取る

・テレビを付けかけてやめる(偉い!)

・ランドセルを開ける

・ぼんやりする

・ぼんやりする

・ぼんやりする

 

5時にもう一度見たときは、

・ぼんやりしている

(この1時間、ぼんやりしていただけかもと恐ろしくなる)

・ドタドタいなくなる

・再び登場(両手に剣)

・ひたすら振り回す

 

5時半に再度見たときは

・ネコちん抱いて剣振り回す

(この30分、ネコちんとってきただけかもと恐ろしくなる)

 

息子いわく、剣振り回すのはストレス発散らしいですが、

学校から帰って、ストレスになるようなことしましたっけ?

宿題とか、宿題とか、宿題とかー!

な、モニタリングでした。

 

そして帰宅したら、息子は習い事に行っていました。

時間通りに行ったようでホッ。

夜確認したら、なんと学校の宿題が終わっていておったまげ。

あの状態でいつやったんだ。

 

「お母さんが見ていないだけで、僕はちゃんとやってるんだ!」

・・・ご、ごめん。

「お母さんが見てないところでネコちんとも遊んであげたんだからね!」

・・・それは見ていたけども。

「いつまでも最悪だったときの僕のままだと思わないで!」

・・・確かに。

私の中で、2年生くらいのまま、息子の成長止まってるかもです。

 

見守るって大事。

 

宿題は終わっていましたが、宿題しか終わっていませんでした。

もう一歩、頑張っていてほしかったとは思いますが、

さすがにあんだけ剣振り回してたらそんな時間もなかったのかな。

よくやった方か。

 

まるみちゃんの話からはずいぶんレベルダウンですが、

待つってしんどーい!

小数解答そろそろやめてほしい・・・

大きな数の分数になって約分に不安が残るときは、小数解答で逃げます。

足し算引き算で通分がめんどくさいときも、小数解答で逃げます。

 

日能研のテストはこれでマルがつくんですよね。

いや、マルでいいんですけど、あってるんですけど。

いつまでも分数から逃げていられても困る。

 

栄冠の丸付けで、小数解答に✕をつけてみました。

何故、小数で答えるのか?と聞いたら、

「間違えを減らすため。」

 

でも、今ここで間違えてでも練習しないと、分数で答えるよう指定されたらできないよ?と言うと、

「分数指定の問題が出る可能性はかなり低い。」

 

それは日能研のテストであって、最終、中学受験で約分しないとできない問題があるかもしれないよ?と言えば、

「それはないと思う。」

 

根拠は?過去問見たことあるの?と聞いたら、

「見たことないけど多分そうだと思う。」

 

・・・まぁここからは屁理屈やらなんやらでお話になりません。

とにかく、小数でやった方が間違えなくていいんだと。

 

なので、小数計算でやって間違えてるところを、それ見たことかとコテンパンに責め立てました。

こういうの良くないですね。わかっちゃいるんですよ、頭では。

小林製薬イララックがほしいです。最近CM見ないけど。効くのかな。

 

ということで、心機一転、栄冠を分数で解き直し中です。

やればできてるじゃないか。

小数使われると丸付けもしにくいし、ホントもうやめよう(電卓必須!)。

 

怒られて泣きながらやってましたけど、さほどでもないですね。

普通に鼻歌歌ってます。

その上、

「ねーねーお母さん、バイブスって何?」

ですって。

知らんがな。

母はバイブス急降下です。

 

勘弁しておくれ。

早く寝てくれ。

10時には寝ないと明日の朝に響くからいやなんだー。

バトルはほんと、無駄な時間使うしよくないです。

今日を最後にするぞ!

 

2月の勝者のこと書きたかったのになー。

りいさちゃん母は、そういうことだったのですね。「保育園は長時間でかわいそう」「幼稚園と違って勉強しないんでしょ?」は私も経験あるので懐かしかったです。過ぎてしまえば大したことないんですけどね。

志望校調査用紙記入しました

日能研に入塾して初めて、志望校を宣言しました!

 

個人懇談で、こんな学校どうですかねー?ああですかねー?くらいの話はしてきたのですが、今回きっちりと、用紙に記入して提出です。

 

学校一覧表から、日程やコースを確認しつつ、志望校コードを書いて・・・この先入試本番まで何回も書くのでしょうが、やはりお初、そこそこの緊張感を持って記入しました。

 

今回は、第6志望校まで。

第1志望校以外は、日程や志望順は気にせず、思いつくままに書いてオッケーということでした。

 

例えば初日しか試験のないA校(第1志望校)と、初日+後期日程のあるB校(第2志望校)の場合、第2志望は後期日程で記入するのか?と迷いましたが、A校が難しい場合にはB校を第1志望とするというような、実質的な第1志望調査なのかなと思い、初日被りでA校B校両方記載しました。

ただし、まず初日に受けることはないと思われる併願校候補については、後期日程で記載しました(とすると偏差値がグ~ンと上がってしまってびびります)。

 

初めて息子に、志望校どうする?と訪ねたところ、

 

第1志望:ここに行きたーい!

第2、3志望:(実質第2志望タイ)ここに行ければ大満足!

第4志望:ここでも満足!

・・どこでも良いぞよ♡という、心配になるような返事。

 

第5志望:偏差値が他より低いけど好きだから、ここに行っても楽しいと思う。理科に力を入れているし、校舎が広々していて気持ちがいいから。

第6志望:(かなり後ろに後期日程を持ってきている学校で、当然偏差値も倍率も上がり、第5志望よりも全然難しい・・)好きな学校だけど遠いから、第1~4希望には入らない。でもたくさん落ちて後悔しそうだったら、最後に挑戦したい。

 

・・・ちゃんと考えていました。学校見学に連れ回っただけですが、本人なりに思うことがあるのですね。すでに目頭が熱くなりそうでした。

また、親がある程度チョイスして見せた学校のうち、3つ断固拒否の学校がありましたが、その他は親の思惑通り気に入ってくれているようでよかったです。

 

結局、書いた学校の偏差値帯は、現在3回行われた全国模試の平均偏差値と比べ、マイナス8~プラス1となりました。

現在の平均偏差値は息子には良すぎるので、もう少し安全圏を入れたいところ。実際は第2志望以下は日程被りで諦めるところが出てきて、代わりに現実的な第7志望以下が上がってくるのでしょう。

今回は、希望に満ちた志望校記入となりました。

 

そして、今回は記載しませんでしたが、ノーマークの学校の名前を出してきました。

どこでその名を知ったのか?わかりませんが、「ちょっと興味あるんだよねー」って。で、すぐにHP調べる母。仕事で上司から「これってどうなってんの?」て聞かれて、あいあいさーと調べてるみたいな、そんな気分。

もう少し自分で調べさせないとです。

5年生最初のクラス替え

他塾を色々見ていたら、やっぱり日能研てクラス替えが多い方なのですね。息子は日能研しか知らないので、普通に受け入れています。

子供の塾を探すときにあれこれと悩むものですが、案外、親が心配するよりも子供の順応力にかかれば大きな問題でもないのかもしれません。

 

息子によると、「成績が下がってもひとつ下のクラスの先頭の子より下がらない限りは、クラス落ちはしない」と説明を受けているようです(全然安心材料にならず、逆に怖い話!)。

 

とは言え、年5回くらい(?)あるクラス変更は、お手紙を見る限りは複数回のテストの総合成績順での輪切りに見えるので、息子のいうシステムがどういう時に発動されるのかとか、ブログでお見かけする「塾から電話があって・・」とか、実はよくわかっていません。

 

↓ざっとこんなシステムと理解しています。

5年生になって変わったことは、評価が2科成績から4科成績になったことくらいです。

ただ、マイ日能研の成績情報を見ていると、4科→3科への人数の減り方が結構なものですが(割合的には全国よりも関西の方が減り率が高い)、その辺りはどのようにクラス替えの成績に反映しているのだろうか?

 

わからないことが増えるばかりですが、そのまんまです(^^ゞ

 

灘特訓、選抜特訓

灘特訓は、関西順位250位以内、選抜特訓は同350位以内で資格が出ます(国算理3科評価)。関西3科は2000人くらいなので、特訓に入ったからと言って安心はできない広めの門戸です(順位はいずれも、上のリンクに書いている平均値です)。

 

本科灘クラス、その他

特訓でなく、通常の本科クラスです。昨年までは、灘クラスを希望する場合は別途テストを受ける必要がったのですが、全員が受ける普通のクラス替えでの一括評価になり、希望していなくても判定が出ます。資格は、3科関西200位まで。上位10%なので、こちらも灘的に全然安心できない広めの門戸ですね。ただし、灘だけではなく、女子最難関とか、甲陽や東大寺を目指す場合にも検討するクラスのようです。

 

さらに謎のクラスが判明しました。知らないことだらけ。

男子最難関Kコースと、最難関Sコース。特訓ではなく通常の本科授業の並びです。「本科教室のカリキュラムに準拠した学習を進め、じっくりと応用力を図りながら、主に算数については、最難関校合格のために一歩進んだ学習を先取りしていく」とのことです。

 

・男子最難関Kコース

甲陽学院中学合格のために組まれたKカリキュラムで鍛え上げ、6年時の甲陽特訓につなげ、上位合格を目指すことを狙いとしているコース。

・最難関Sコース

大阪星光、神戸女学院四天王寺(医志)をはじめとする最難関合格を目指す男子及び女子のために設置されたコース。

 

資格がどのくらいで出るのかわかりませんが、息子が灘特訓の資格(250位以内)を得たときは、KやSの資格は出ず、また、さすがに灘コース(200位以内)よりも資格が厳しいことはないだろうと考えると、200位から250位の間のどこかで線引きがされていると予想されます。あくまで予想です。

 

灘クラス、Kコース、Sコースとも、開催校舎が違っています(KやSは1校舎のみ)。そこまでレベルが違うとも思えないし、無理なく通える校舎がいちばんいいのかなと思いました。

 

我が家は現状維持

それにしても・・中学受験は課金ゲームとはよく言ったものですね。

正確には、課金すれば必ず強くなるゲームとは違い(抽選課金なるものが存在するようですが)、課金に責任が生じない点で、中学受験はよりシビアと言えそうです。

 

そして、我が家は息子の強い希望もあり、本科発展+選抜特訓で現状維持です。友達ができてきて、随分変わりました☺︎

 

わざわざテストを受けなくても各種資格評価をしてもらえる点は、より高いレベルで学んでいる人がいると心乱れる点もあるのかもしれませんが、行かないと腹をくくってしまえば、子供の大きな自信になるので、我が家的には歓迎だと思いました。

理科不調の原因を探る

どうも解ききれない問題やミスが多いので、できるだけ自学を目指してきた理科ですが、ちょっと介入することに。

息子の自尊心を心配しましたが、にゃんにゃん言ってるだけで、全然大丈夫そうでした(それはそれで困る)。

 

春休み前最後の授業で出た宿題、自分で答え合わせまでして、何問か間違えたそうですが、「大丈夫ーわからないところはなかった!」と、終わりました。

だいたいいつも通り。

 

数日後、間違えた問題だけやり直そうと声掛け。

「答え覚えてるし!意味ないわ!」と、全問正解。

ちぇっ(-.-)

 

ならばと、しばらく泳がせました。

春休み明けに再度やってもらったところ

1回目と同じところを間違えました!

なんと一致率100%!

いぇい!

喜んでいる場合ではないんですが、やっぱり間違えが消化できていませんでした。

 

4年生のときは、まずは宿題で栄冠を解いて、テスト前にまた解いて、間違えたところは再度解くように声掛けをしてきましたが、近頃はどんどん親の見守りが適当になっています。

本人はサボっていた訳では決してないものの、大人の介入が減り、精度は下がっていたのでしょう。

独力と放置は似て非なるものだと思いました。

 

 

例えば、食物連鎖を矢印で表した図。何が何に食べられるかという問題で、知識は定着しているのに3回同じ問題で間違えていました。

AがBに食べられる場合、矢印はAからBに向いていると問題文に書いているところ、息子の感覚的には矢印はBからAに向いていて欲しい。

で、だんだん頭ごっちゃごちゃ。

 

これを息子が丸付けすると、

「AがBに食べられることは知ってるし。つまりケアレスミス」と片付けられてしまいます。

 

この問題を間違える唯一の理由は、この図を確実に読めないこと!単なるケアレスミスではない。

せっかく間違えたのだから、自分が苦手なところを認識できるチャンスにしないと。

この手の問題を、自分は間違えやすい。

そう思って、問題文の矢印がどちら方向に向いているかに線を入れるとか、問われている箇所にマルをつけるだけで、随分頭がすっきりするものだよ。

 

という話をしましたが・・・きっと右から左だろうなー(T_T)

 

理科に限らず、問題を解くときにほとんどメモを取らないんです、頭で考えてごちゃごちゃになっていることが多いので。

 

いくつか見ましたが、「何故間違えたのかを考えず適当に丸付けをしている」ことに尽きました。

で、間違え一致率100%を達成。

思い込みの激しい子あるあるかもですね。

 

やはり丸付けはサボらずにしっかり関与して、何故間違えたかを考えられる声掛けをすべきと思いました。

時間がなくて何度もやり直せないなら、なおさら。

根本的に演習不足という原因もあるのでしょうが、まずは親関与率を上げていこうと思います!

公開模試(5年③)結果

概ね自己採点通りでした。

 

偏差値は60<理科<算数<国語<65<70<社会で、合計は社会に助けられて4科のみ65オーバー、その他は60オーバーでした。

 

算数が振るわないとハリのない感じになりますが、国語が60超えたのは頑張っている甲斐を感じます。

 

それと、今回は汚文字のバツがありませんでした☺︎

次は理科の復活が課題かな。

って、またすぐにやってきますね。公開模試。

 

ドラマ下剋上受験で、桜井信一パパが佳織ちゃんに学校を休ませ、なんなら自分も仕事を辞め、時間がないんだよぉ!なんて言いながら勉強する場面がありました。

中学受験こっわ!と思いましたが、今は首がもげるほど頷くことができます。

春休みが終わり、怒涛の日々がまた始まりますね。うー・・・