コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

祝!分数上向き

2月の新学年早々習い始めた分数。足し算引き算で足踏みしている間に掛け算が始まってしまった絶望。

 

分数は、分子・分母・帯分数の整数部分という3つの数字を見る必要があり、この点で、順序良く物事を整理することが無理な息子には難しい様子。約分するつもりが、公約数で割ってる数字と割ってない数字がごちゃごちゃだったり、通分途中で終わってるとかで、目のついたところから触るので収集がついていません。

横で見ていた下の子が見様見真似でやり始めてしまい、「おいおい空気読んでくれ」と目で合図を送るも、気づかない無邪気。急に兄らしくその合図に先に気付きパニックになる息子。

前途多難すぎるぜ。

 

いつかできるようになるんでしょうが、今この瞬間がきつい。遅い上に間違えるし、やり直しても間違えるので、時間ばかりかかり、やればやる程自信喪失、終わらない宿題。

「基礎計算に近道なし!練習あるのみ!一問でも二問でも解くべし!必ず霧が晴れる瞬間がくる!」と、根拠のない体育会計算部な励まししかできず。信じて頑張る息子がまぶしい。笑

 

・・・と、書いては消ししていたのですが。

昨日取り組んだ宿題、計算ミスなく全問正解して親子でびっくりしました。掛け算はとりあえず約数を見つけていくという点で整理整頓要素が少なくとっつきやすいのかもしれません。

応用問題では、「おもしろい問題あったよ!お母さんも解いてみてよ!」と無邪気に持ってこられ、なんとか解いたところ「これは簡単すぎたか。この問題を応用したやつ作るから!」と、自由時間が減るのも気にせずニコニコで問題を作っていました(できた問題は数字を変えた類題ではありましたが)。勉強ってこうあるべきだよねという時間でした。

とはいえ、今朝は基本の計算問題で数問間違えて一進一退。山を越えたと言うほどでもありませんが、ちょっと上向いた気がしている、嬉しい朝です。