コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

スタート地点に立った感

息子は算数がわりと得意・・なはずなんですが、ほんとーに、計算ができません。足し算とか九九とか、そういうレベルで間違えます。4年生で入塾して、こうもできないものかと苦しんだ1年でした。塾で習ってきたことは問題なく理解している。でも、とっても低い正答率。3×4=14とか普通にするんですね。

 

・・・だったんですが、このところ、計算ミスが目に見えて減っています。トライアンドエラーを繰り返しすぎて、何が効いたのかは全然わからないのですが、宿題もテストも、計算の精度が上がってひと皮剥けた感じがします。

 

テストで計算ミスをあまりしなくなって、目立ってきたのが応用問題の失点。以前は、ここも計算ミス!ここも!ここもー!(怒)みたいな感じで、応用問題まで気にしていられませんでしたが、最近はケアレスミスがないので、「この問題は頑張ったけど無理だった」「時間切れになった」などと、息子自身が力不足に目を向けるようになりました。

 

今回の公開模試では、最後の問題ができませんでした(1問凡ミスもありましたが・・・)。

「こういう問題が解けるようになったら強いね!これから出来るようになるよ!」と励ましていたのですが、お友達のAくんもBくんも正解だったらしく、息子が言うのです。

 

「ぼくちんはさ、正直、そこそこできると自分でも思うんだよね。でもね・・・そこそこなんだよー!そ・こ・そ・こ!AやBのような天才にはなれない。」

 

息子は苦しんでいるのでしょうが、スタート地点に立てたようで嬉しい母でした。

うん、難しいこと考えてないで、とりあえず頑張れ!勝負はここからだ!