コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

さっ、勉強しよ!

と、最近よく息子が言います。

4年生のときは、塾のない日は外で走り回って、それからでも1時間半くらいは家庭学習ができていたと思います。でも今は宿題を回すのがやっと。習い事をいつまでもやめられないことも原因なのですが、それにしても授業も宿題も重い。

こんなに頑張っているのに、宿題だけでは十分な勉強とまでは言えません。常に時間が足りない。だから、口癖のように「さっ、勉強しよ!」と言います。いや、私が言わせているのかな。「やばいよー、まずいよー、●●が手つかずなんじゃない?」とか言って。

 

金曜の夜、「今日は夜ふかしだー!」と子どもたちとベッドでダラダラする時間が、気づけばなくなって、「明日早く起きなくていいから、語句だけ覚えてから寝るわ」になっています。枕の下に本を敷いて寝て、土日の朝に布団の中でダラダラ読書する姿も、最近は見ていません。疲れ切っていつまでも寝ています。

図書館で借りてきた本は、読む時間のないまま積んであります(ブラタモリ村上水軍を扱っていて、「村上海賊の娘」を借りてきました!機会があればレビューしたいです)。

まぁ、5年生入ってまだ1ヶ月ですからね。上記のような生活が長く続いているわけでもなく、多少盛った表現ではあるんですが。

でも、疲れきっていることは確か。とうことで、春期講習をパスしようか検討中です。

夏期講習になると選抜特訓の有資格者の講習になるとかで、それをパスすると後期の選抜クラスに入れない?なんてネットの書き込みを見たりして、さすがにそれはないとは思うんですが(真偽不明です)、何にしてもちょっと本気モードに入るのだろうと思います。なので、最後の講習おサボりかなと。

 

がっつりサボった後は根を詰めて、また疲れたらまた長めに休んで・・という習慣がつきそうでよくないと思いつつ、でもこのままでは息子が疲れ切ってしまいそうで、その方が怖いです。最近はテストもあまりにも好調で、褒めるよりも、怖いんです。かと言って「そこまでしなくていいんだよ」と声を掛けるのもおかしいし。

短い春休みですが、自然に触れたり、太陽の下で走ったり、そんな時間をできるだけとりたいです。うーん、どうしよう。