コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

日能研4年生から5年生への変化

新5年生の回らなさから、最近同じようなことばかり書いてしまっています。

 

今日の朝学習で、先週の算数の栄冠1周を終えました。テキスト、栄冠への道(含ひとりで向き合う問題)、レベルアップ問題集の3.5種類。この中から宿題も出ているのですが、それは別。つまり宿題部分のみ2周しました。やれやれ~。

と思ったら、今週の算数がやってきています。

4年生のときは、基礎問題を省いて空いた時間で少し難しい問題に挑戦したり、間違えた問題のみテスト前にもう一度解く時間を作っていましたが・・・今年はちょっとしんどそうです。

 

4年生と大きく変わったのは、宿題をこなす時間。日能研から帰ってきて済ませてしまうには、量も格段に増えたし、そもそも帰宅したらすぐ寝る時間。なので他の日にせざるを得ません。そうすると、家庭学習の時間が浸食され、家庭学習捻出のために遊びを削ることになり、よくないリズムになりかけています。早くなんとかしたい。

 

我が家は、「勉強を教える」ということはほぼしないのですが、「進捗管理」はかなりマメにしてきました。特に朝学習は、細かく計画を立てて、計算、漢字、理社の暗記分野の復習に充てることが多かったです。朝は、公開模試対策という位置づけで、育成テストのための勉強は、夜という感じで。

宿題は、ルーティンの漢字と計算以外は、塾から帰ったその日に終えていたので、進捗を管理する必要はありませんでした。

但し宿題のみでは栄冠1周には遠く、その他の家庭学習で回す必要があります。特に算数は、小学生が自分で計画的にこなせる量とは思えません。理社に関しては放置な面もありますが、「今日は理科を1.5時間」という管理はして、その中で何をするかはわりとまかせてきました(栄冠を軸に、ウィニングステップと基礎問題集を足しただけなので、迷う余地はなかったかも)。但し暗記分野では、覚えるべきものに口出しすることは多かったです。国語は他教科に押されてテストの日の朝に栄冠精読で乗り切ることが多かったです(これが国語低迷の原因かと)。

基本は進捗管理でしたが、マル付けはやりました。一時まかせかけましたがすぐに後悔しました(笑)。漢字練習も、正しく書けているかのチェックは必要という結論に至りました。とはいえ、算数や理科でヒントが欲しいときもあり、その時は解答を1行読みます。そこでひらめかなければ、もう1行。それでもしっくりこない時は、保留にして休日に夫に見てもらいます。母の能力では自分が理解するのに時間がかかるので非効率的でした。今年は塾で質問してこれるようになってほしい!

 

長くなりましたが、概ねこんな感じでそれなりに回ってきました。国語は失敗した1年だったので、4年生終盤になって、5年生のウィニングステップに1日1題を目標に取り組みました。これは、丸つけとともに解説をしました。

 

で、5年生なんですが、

隙間時間で宿題をこなす日々です。公開模試とか育成テストとか、何を目指しているのかよくわからず、とにかくまずは宿題。終わったら栄冠1周できたらいいねって感じで。朝学習時間までも宿題に侵されていて、理社の暗記もの(白地図等)や毎日の計算と漢字といった積み上げができません。これは痛い。そうすると、習い事を減らすしかないんですが・・・・朝息子に聞いたら、

「まだパンクしてないから大丈夫~♬」

と、軽やかに登校していきました。いや、パンクしてからでは遅くない?

 

そんな訳でまだペースができていません。皆さんどんな配分で回しているのでしょう?

先日、2週目の日曜特訓でしたが、帰宅して宿題を全部済ませるという奇跡が起こり(国語は難しすぎて自力でできませんでしたが)、このままハイパー5年生になるのか?と期待しました。

翌日、21時すぎに日能研から帰宅し、「宿題どうする?」と聞いてみたところ、「風呂以外はやらぬ」と瞑想に入ったのでそっとしておきました。

今日は日能研はお休みで、4年生の時なら遊んでから習い事に行くか、育成テスト週は勉強に充てることが多かったですが・・・今年はます宿題に取り組まなきゃいけないという。。母的には、宿題に加えて理社の暗記をして欲しいです。うまくいくかな。

話が逸れますが、理社の暗記、スパイラル方式でよかったぁ~って思いました。去年の知識がちょっとでもあるのでまだマシだなと。これまっさらな状態だとかなりきつかったと思います。