コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

5年生開始1週間

まだまだ小さい子どものつもりが、気づいたらテキストに「5」なんて書いてある!5年生なんてママ友んちのお兄ちゃんお姉ちゃんってイメージだったのに、うちの子供がまさかの高学年。子育ての終わりが見えた気がしました(気が早い)。

 

この1週間、4年生の通塾開始時と同じく、ひぃひぃと苦しみました。

息子の感想は、

・同じ教科が3コマ続くと休憩した気がしなくてしんどかったけど、慣れたら逆に頭を切り替えないで済むから楽かも。理社混合の曜日の方がしんどかった。

・4年よりも授業が急に難しくなった。最初から頭をフル回転させないとついていけないから、9時までもたない。家に帰ってから宿題なんて絶対無理(今は、帰宅後は宿題の量を確認して、いつやろうかと考えるだけにしています)。

私の感想は、

・時間がない。学校の宿題は塾の前に済ませておかないときつい。塾から帰ったらヘロヘロなのので、その時間には期待しないのが良い(塾の宿題は、翌日の朝学習で半分くらい終えることを目標に声掛け)。

・宿題を数日に渡って片付けることになり、進捗管理が杜撰になりそう。ホワイトボードにタスクマグネットを貼る形式で、ToDoボードを作成しました。できたら「済」のところに移すだけですが、見える化したことで息子も「国語の宿題そろそろやばいな」とか言ってるので役立ってる気がします。

・育成テスト準備という勉強時間はとれないと思った方が良い。宿題+αで消化していくことになりそう。

 

と、6年生になったらどうなるの?!と今から心配な我が家の5年スタートとなりました。とにかく、大丈夫大丈夫と励まし続けています。励ましながら、宿題をどの時間で声掛けしようか?ということが頭を占めていた1週間。疲れていて機嫌が悪いので、宿題のしゅの字ですぐに機嫌を損ねます。とは言え一応、1週分の宿題は2週目が始まる今日までに終えました。ギリギリだけど、慣れたらなんとか回るかな?という気もしつつです。ただし親のフォローが大前提。「自分でやる」ということについては、4年生よりも明らかに後退です。