コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

育成テスト(4年生ラスト!)結果

ふらっとマイ日能研へ行ったらもう結果が出ていました。

今回は、休みが続いて気が緩みまくりのまま、ふわっと育テを迎えてしまいました。算理の栄冠をチラチラやっただけでテストに臨んでしまったのですが、結果もそのまんま、やっぱり準備した以上にできることはないんだなーと思いました。結果は、8割<国語<社会<9割<算数<理科<満点で、合計45X点でした。

 

国語

最後までたどりつけず。テスト前に共通問題の精読をしなかったので、選択問題も絞りきれていませんでした。漢字は都道府県名に助けられ久々のマルでした。この1年で一番伸びたのは国語でした。記述力が当社比ですがかなりつきました。来年はもうひと山越えてほしい。

公開模試で漢字全問マルだったら賞金3000円!と約束しています。高額ですが、今まで1度もないし絶対大丈夫だという悲しい自信があります(T_T)いや、期待を裏切ってくれ。頑張っておくれ。

 

算数

テスト前に「図形は完璧に分かっておる」と言うので応用問題10問だけに絞ったところ・・・8問間違えました。どうやって間違えたかを見ようにも計算式がないのでわからず。唯一書いてあったのが、「32÷2=12.5」で、もうやめようとなりました。怒らずに付き合う自信がなかったのです。テスト当日は、「昨日みたいな計算ミスしてきたら公文にぶちこむよ」とすごんで送り出しました。その甲斐あってか計算ミス1つでした。図形は苦手に違いないと思っていましたが、案外イメージできているようでよかったです。

 

社会

好調の1年、締めくくりは振るわず過去最低でした。グラフは息子の苦手分野なのできちんと準備すべきでした。作グラフ、ストライプの美しさにのみこだわった息子らしい仕上がりでした(T_T)先に最後の記述を片付ける判断をしてほしかったところ。2年後、そんな実力がついていますように。

 

理科

超凡ミスで満点を逃して実にもったいなかったですが、「得意の理科」復活に向けてよいラストになりました。