コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

大阪星光学院追試験

関西は間もなく統一試験日です。

大阪ナンバー1私立と言われる大阪星光学院ですが、試験日は初日のみ。他校を意識した日程を組むこともなく、派手なパフォーマンスもなく、ただ門を開いて待っていますよという印象の学校です(私の勝手なイメージです)。

そんな大阪星光学院、コロナ等で受験できない場合に一定の条件下で追試験を実施されるそうです。

↓追試験要綱

http://www.osakaseiko.ac.jp/exam/tsuishi2021.pdf

 

昨年行われた学校説明会に息子と参加し実直で質素な学校と感じました。特に、校長先生のキャラ(失礼・・)が素敵と言いますか。説明会は担当の先生主導で行われ、校長先生は短いお話をして下さったのみ。その中でも先生の温かさを十分に感じることができたのですが、説明会が終わり校内見学にまわっていると、チャペルから素敵なパイプオルガンの音色・・・先ほどの校長先生が静かに演奏して下さっていました。多くを語ることなく穏やかにご自身の姿を見せて下さる方なのかなと感じました。

私は無宗教ですが、カトリックの学校で感じるこの温かみが大好きです。

さて、入試説明においてのホットトピックスのひとつはやはり新型コロナウィルス。大阪星光学院の説明会でもお話があったのですが、自分の理解に自信がなく、記事に書けずにいました。

入試担当の先生は、コロナの場合は残念ながら受験はできないというお話をされていたのですが、その後登壇された校長先生は「なんとかします」という趣旨の発言をされました。短い言葉ながら力強く言われていたのが印象的でした。ただ、帰宅して夫に「校長先生がなんとかするっておっしゃっていたけど、事務方としては無理だよーって感じだったわ。そりゃ難しいよね」と話したほど、校長先生が「なんとかしたい」というお気持ちを表明されただけで、何も整っていない印象でした。

 

・・・からの追試験日程発表。説明会のことを思い出して温かい気持ちになりました。