コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

ノー勉強の日は焦るようになった(親のみ)

息子が習い事の合宿から帰ってきました。

「楽しかったぁ・・・疲れたけど楽しかったなぁ・・」と言いながら眠っていきました。大きくなった息子ですが、幸せそうに寝ていく姿を見られるのは、いくつになっても幸せです。

留守番組も、息子意外の家族でショッピングをして、ちょっといいもの食べて、少し遠くの公園へ行き、プチ贅沢な土日を過ごしました。

 

そして明日からまた日常です。えーん(T_T)

 

合宿当日(土曜日)の朝は、いつも通りの朝学習をするつもりが、学校の宿題がまだできていないということが判明し(日曜夜は無理だから、金曜のうちに終わらせておいてねと言って放置していたら、案の定やってなかった)、朝学習をやめて宿題タイムでした。

本日日曜は20時すぎに帰宅したので、22時に寝るなら、寝る前5分の日本地図アプリくらいはできるんじゃ・・ていうか土曜日の朝学習だけでもさせたいな・・と頭をよぎりましたが、息子が楽しそうにしているので、言い出せず。疲れているだろうし、結局21時に寝るように促しました。

 

つまりまるまる2日間、ノー勉強。なんかものすごい罪悪感。計算だけでもやるべきだったんじゃないかとか、慣用句の本だけでも読めばよかったとか。

でも楽しく疲れ切って帰ってきた息子、まだ4年生の息子、これでよかったと思います。

心配性なので動悸は止まりませんが。合宿前のあの開放感、軽やかな気持ちは今や遠い過去。

 

2月に日能研に入塾して、しばらくは塾に行くことで精一杯で、塾の日は宿題どころか、可愛そうだからゲームしてから寝ることにしていました。少しずつ勉強習慣がついてきたものの、毎日必ず、少しであっても勉強する日々になったのは、いつからだろう?(朝学習はこの2年ほどほぼ欠かさずしているのですが)

なんだかんだで結構勉強熱心な日々。中学受験しなかったら、合宿いって楽しかったぜイェーイ!てだけだったのだろうなぁ・・・と少し切なくなりました。

 

しかしながら本人は、まったくそんな気配なし。多分今日も、「今日勉強するんかな。疲れたししたくないな。お母さんに何か言われるかな」くらいの感覚。何も言われないからこれ幸いと寝ていったのでしょう。「これだけしておこう!」と言うと素直にするとも思います。でもまだ自分から、「星座の暗記だけ確認しておくわ!」なんて素晴らしいことを言う気配はゼロ。

 

今は、「自分ではスケジューリングできないからお願いします。決められたことは素直にやりますから」というスタンス。素直にやるだけでよしとしていますが、いつか、自覚を持って進む姿を見たいです。

皆さんいつ頃からどうやって手を放すのかなー。手を放すのは寂しいけれど、でもやっぱり自立はしてほしい。