コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

明星学園学園祭(テレビ放映)

数日前に、関西ローカル、夕方のニュースで紹介されていました。息子が楽しい気持ちになれるよう(あるいは中学受験の話なんてしないでくれって感じかな)、落ち着いたところで一緒に見ました。

 

コロナ禍でも思い出を残したい!と、生徒会が中心となり決行したそうです。短時間のテレビ放映でしたが、学校の雰囲気を垣間見ることができました。

 

キリスト教の男子校ですが、特別な感じはせず、「今年は女子がいなくて残念」とインタビューに答える生徒さんがかわいかったです。青春ですね。

息子ができてから、高校生くらいの男の子がかわいくて、電車などで見かけるとついニタニタしてしまいます。3歳くらいの子を見てニタニタしていてもまだ許してもらえそうですが、男子高校生見てニタニタするアラフォーって、あかんやつかなと我ながら思うのですが。でもかわいい♡

 

話が逸れましたが、学園祭。2部制にしたり、校舎内を一方通行にしたりと、様々な工夫をしたものの、思い通りにはいかないこともあり、生徒会執行部が対応していました。生徒会の皆さんにもきっとよい体験になったのだろうなと思いました。一度も先生のインタビューがなく、フォローはもちろんあったのでしょうが、中心は生徒なんだろうなと感じました。

 

また、飲食模擬店は、地元商店街の店舗に依頼したそうで、その手があるのかー!と感心しました。もちろん、自分たちで作る方がより思い出深いのでしょうが、地域とのつながりもできそうだし、良いこともあると思いました。プロの味ですしね。

 

息子の感想は、「ん~、なんかいい感じぃ~」「よくわからんけど楽しそー」というふにゃふにゃしたものでしたが、まぁ短時間で何かを感じ取るのは難しいのでしょう。息子はこの夏にカトリック男子校フェアに参加して、明星中学に好感を持ったようなので、機会があれば実際に足を運びたいです。来年はコロナに邪魔されませんように。