コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

週末育成テストに向けて 集中力対策と学習進捗

テストの集中力問題。以下、あまりに常識的なことばかりだと思います。無知なもので、今さらで恐縮ですが、考えてみました。というか、ほぼ先輩ママさん方のブログの受け売りです。

 

【集中力対策1】前受けのお弁当は、バナナか、小さいおにぎり

先日の公開模試の前受けで、いつもの授業と同じくがっつりお弁当を持たせていましたが。。

 

息子:お母さん、休み10分しかなくて食べるの大変だから、次からもう少し減らして

母:へぇ~、じゃぁ次から汁ものはやめようか

 

・・・いやいや汁ものとかじゃなくて!て話ですよねきっと。入塾半年以上、気づきませんでした。オリエンテーションで「前受けの場合はお弁当時間とります」と聞き、「たくさん食べて大きくなぁれ~♬」と、保育園からの変わらぬテンションでお弁当を持たせていました。テスト時間割を見るとたしかに10分しかない。そしてその10分できれいに残さず食べてくる息子。え、偉いけども。中学受験に挑む親子としてはあるまじきでした。

 

【集中力対策2】ラムネ持参

前受けでなければ5分程度の休み時間しかないので、小分けのラムネを買いました。実際に脳のエネルギーになるには力不足かもしれませんが、心的効果を期待してのものです。

さっそく今朝、ラムネを食べてから朝学習。「ね?集中できたでしょ?正答率も上がってるね~」と刷り込みました。息子の場合はすぐに慣れて使えなくなってしまいそうなので、刷り込み成功後は、テスト時に絞って持たせようと思います。

チョコレートの方が効果が期待できるのかもしれません。今後お守りとして末永くお付き合いできることを期待し、夏場に溶ける心配のいらないラムネにしました。タブレットもあるようですが、無知なもので、「子供にタブレットかぁ・・」という理由だけで見送りました。

 

【集中力対策3】魔法のお茶

ブドウ糖を多く含んでそうな清涼飲料水(すみません、昨日の記事でオリゴ糖と堂々と書いておりました)を持たせようかなと思ったのですが、炭酸水に多く含まれるようです。

そこで、粉末のブドウ糖をお茶に溶かしたものを持たせようと思います。「どうしても無理になったら、このお茶を飲むのじゃ。それまでは、決して口にするではないぞ」的な、最終手段として。手のひらサイズの細いボトルに入れて、通常の水筒とは別に持たせようと思います。甘くて嫌がるかもしれません。でもただのポカリより魔法感は高そう。

Gゼロマグボトル (ロゼ)

Gゼロマグボトル (ロゼ)

  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

【根本的な対策は思いつかず】

テスト中に集中力が切れて、体を抑えつけながら受けているという謎の、でも結構深刻な問題。体幹を鍛えるとか、長期的なトレーニングが必要な気もするのですが。ある程度年齢が解決してくれることも期待して、残念ながらなす術なしです。

 

学習進捗

(昨日の朝、息子との話し合った学習進捗&予定)

理科栄冠+市販日能研問題集1周済。今後は寝る前のテキスト読み。

  →テキスト読みできず。

社会:未。今日、栄冠1周したい。今後は寝る前のテキスト読み。

  →昨日帰宅すると、勉強していました!「お母さん、今日は算数だったよね~♪」と。ゼロ社会。

算数:小数掛け算栄冠1周済。小数割り算栄冠1周未(木曜日予定)。金曜日に発展問題の2周目。

  →予定外に少し進む。小数割り算の、テキストと栄冠のみ1周済。計算の精度はアップ。記述壊滅的。

国語:未。漢字と文法を朝学習で仕上げる。どこかで時間作って栄冠の問題文だけ読みたい。

  →朝学習で漢字少々。その他未。