コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

立命館中学オープンday20200830 ①

この夏最後の学校研究。立命館のオープンdayでした。我が家は、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)&外部大学受験可能性の想定なので、その方面が主になりますが、気づいた点を箇条書きで備忘録としたいと思います。

・・・とりあえず、DAI語ばりの横文字についていくのが大変で、おまけにこれまでのADコースがALコースに名称変更していたり、息子はおろか私もちょっとよくわかっていませんが。。

 

・校舎移転で多くの学生が集まるようになった(アクセスは、阪急西山天王山(準急停車駅)から徒歩15分程)。

・SSH認定が長い(何年か忘れてしまいました)。この長さ全国でも2校しかない。

・SGH(スーパーグローバルハイスクール)認定は外れた。SGHとSSHのダブル認定はできないと文科省に言われた。学校としてグローバル教育は継続していく。

・書道部が活躍

・受験は、前期A1日程(小学校の成績や活動による優遇受験)が受かりやすい(合格点が低い)

・今年(昨年?)までは、小学校からの持ち上がり組と別クラスであったが、今後は一緒にする。

・120名募集のうち、ALコース(特進。我が家はここから他大学受験を想定)とCLコース(立命館大学進学コース)で各60名。

・小学校からの持ち上がり組も、ALとCL半々で持ち上がる。

・中学3年生で進路を考える。ALとCLのコース変更は可能。但しCLコースは立命館大学への推薦は受けられない(だったと思います。もう少し細かい条件があったかも)。

・最終的にALコースはさらに半分(だったと思います)になる。

・学園祭で活躍している生徒さんなどは、基本的にはCLコース。CLは修学旅行も自分たちで作る。

・SSHは、ALコース(基本的には立命館大学理工学部への進学を想定)で選択可能。ALコースのSSHからの他大学受験も、できないことはない。実際にそういう人もいる(下の事例)。

・オープンdayでの生徒さんの話:ALコースにいたが、英語が好きでSGHコースにいきたかったので、CLにコース変更し、海外留学もした。海外の大学へ進学予定。

・全体として、他大学への進学は15%くらい。

・説明会を聞いたイメージとしてとして、(小)中高大一貫を基本とし、これからの立命館ブランドを引っ張る人材育成に主眼を置いている。グローバル&サイエンスに力を入れているが、あくまで立命館の人材を求めており、他大学を含めた進学実績に熱心な訳ではない(個人的感想)。

 

♪10月にまたあるみたいです♪

http://www.ritsumei.ac.jp/fkc/common/file/admission/opencampus/2020/200827_informationsession_cover.pdf?version=