コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

西大和学園のテレビ放映にはしゃぐ息子、その他

たった1回、説明会にふらっと行っただけなんですが、西大和学園がテレビ出てるらしいよーと言うと、きゃっきゃと喜んで観ていました。

「正直な~、灘とかには行きたいと思わへんねんけど(←前を通りかかったことさえありません)、西大和はな~、えへへへへ・・・」って。

打ち水を、水以外の液体で行うと冷え方はどう変わるのかを実験しているお姉さんを羨ましがっていました。

逆転裁判が好きなこともあり、その後の模擬裁判にも興味津々でした(西大和学園は模擬裁甲子園で2連覇中だそうです)。たむけんさんへの愛あるディすりに、子供たちは爆笑でした(安倍首相のおうちで過ごそう動画のパロディなど、今もいい仕事されてます!)。正直勉強もゴリゴリの学校ではあるのしょうが、それよりも、楽しそうな生徒さんたちが印象的でした。

逆転裁判シリーズ[角川つばさ文庫] 1-2巻セット

逆転裁判シリーズ[角川つばさ文庫] 1-2巻セット

  • 発売日: 2017/02/13
  • メディア:
 

 

また、2023年受験組のみなさんのブログを中心に徘徊していましたら、SAPIXの組分けテストというものが実施されたようですね。おつかれ様でした!

改めて、日能研とはカリキュラムというか、学習内容のレベルが全然違うなと思います。あえて難しいことをして、さぁさぁお金を落としなさいなといった商業主義な面も多少あるのかもですが、SAPIXが、特に首都圏で王者であることは事実。やっぱり日能研では足りなくないか?なんて考えてしまいます(育成テストのたびにあっぷあっぷしていることは忘れて下さい)。関西で言うと、そのポジションは恐らく浜学園になるんだと思いますが、こちらもかなりの勉強量だと聞きます。

息子は環境を変えることを嫌いますし、私も散々考えて息子に合うのは日能研だと思って送り出したので、転塾をすることは99%ないと思いますが、まぁ、隣の芝はなんとやらです。例えば今は社会の地理分野を習っていますが、今回の育テ範囲は「都道府県」。なんやそのざっくり分類!て思いましたが、まさに都道府県のみ。2週間に1コマで「都道府県」のみ。いやこれでいいんです。息子にはこれがいいんです。そう思ってはいますけど、なんか焦りますね。土日にちらっと見たら普通に暗記できてなかったですけどね。どの口が言うっていう・・でも、ほんとに少ないんです(←しつこい)。

 

そんなことを書いていたら「お母さんここ教えて~」と、中実方陣という碁石を並べた問題を持ってきました。「こ、答えとともに持ってきて」と慌てふためきつつ、なんとか母の威厳を維持。いや、もう算数苦手なのバレてますけどね、年の功でなんとか乗り切りました。算数は、教えられなくなるのも時間の問題。

今22時前ですが、塾のある日はどうしても寝るのが遅くなります。日能研で足りているのか?の問いに対しては、今夜は間違いなくYES!早く寝てほしいです。

 

間もなく日能研の個人懇談です。コロナで保護者会が2度も流れましたが、いきなり密な個人懇談に申し込んでしまいました。きっと先生の話術で私の不安なんてすぐに解消されることでしょう。単純な自分が愛おしいです。