コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

日能研も浜もN開も、みんな頑張れー!

息子の小学校、周りにも受験塾に行っている子もわりといるようで、息子から、○○は▲▲塾らしいという話を聞くことも多くなってきました。

 

通塾では、能開センターに通う女の子と同じになるようで、情報交換に余念がありません。ちゃきちゃき女子らしく、え?そうなん?と私が知りたいような情報も。息子でなく、私が一度お茶でもしてもらいたいくらい。

 

また、クラスに浜学園に通う男子(Aくん)がいるようです。息子は Aくんから「日能研て簡単なんやろ?オレ浜やし!」的なことを言われ、「アホって言われたみたいでちょっと腹立ったわー」と言っていました。私は「日能研は考えるチカラを育てる塾らしいわ」程度のフォローしかできず。

 

塾再開により、先述の女子とまた遭遇したそうで「日能研は簡単」の話を聞いてもらったそうです(結構根にもってた笑)。そうしたらその女の子、「Aくんて、浜の一番下のクラスだから」(情報通!)と。まぁ、それはよくある話ぽいですがその後がすごい。「だから、日能研に通ってる人がアホという意味じゃなくて、自分が、浜は難しいけど上のクラスに上がるように頑張るって意味と思うよ」的な意見をくれたそうで。納得した息子の怒りは収まったみたいです。

完全に母の仕事を、お会いしたこともない小4女子にフォローして頂き頭が上がりません。言うまでもなく、N開で上位クラスだそうです(息子の話では、どのくらい上位なのかさっぱりわかりませんが。息子のいい加減さが申し訳なさすぎる)。

 

息子に、「君には日能研があうと思うし、日能研のテキストや先生が素敵だと思うけど、お友達がいるところがいいとか、もっとしごかれたいとかあるなら、考えようか?」と聞いてみました。

息子、「いや、いいわ。日能研が簡単でも、そこで1番じゃないし。最終的に大事なんは受験やろ?学校の友達はおらんけど、塾の友達作っていってるところやし」ですと!そんなどこぞの賢い子のような発言。きっとN開センターの女の子に教えてもらったんだろうと思います。

息子からは、「多分2組の女子」という情報しかなくお名前すらわかりませんが、ステキ女子のお陰で気分が上がったようです。

 

息子の小学校の中学受験率は学年の3分の1くらいと聞きますが、体感的に今はまだもっと少ない感じ。少数派の通塾ですが、みんなで切磋琢磨して、全員の希望が叶うといいなと思いました。