コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

家庭学習見直し(算数)

現状日能研で手一杯なので、宿題と育テ前にテキスト、栄冠、レベルアップ問題集を1巡+α。家庭で継続しているのは、朝学習での計算です。

朝学習

1.マスター1095題 一行計算問題集 4年 (マスター1095題一行計算問題集シリーズ)3題

2.日能研計算マスター(宿題)5題

3.タブレット計算ドリル約20問

4.<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」

 

マスター1095を始めた頃(3年生秋頃だったと思います)は、足し算と引き算の見間違え、問題飛ばし、転記ミス、自分の字が汚くて間違える等とにかくひどがったです。今もミスは多いのですが、過去記事を見ると、随分減った(息子比)と感じます。でも質はそんなに変わりません。今多いのは、大きな数の筆算の桁ずれと、筆算の中で簡単な九九を間違えます。7×3=28とか(怒)

 

息子は2年生のときに色々あり、学校の授業をボイコットしていました。座ってはいるんですが、息しかしてないみたいな。教科書も持っていかないし宿題も捨てるしテストも白紙。勉強の楽しさを知ってもらいたくて少し変わった学習塾でお世話になって以来、勉強に自信を持つようになったり、学校の配慮でゆるい担任と仲の良い友だちのいる環境にして頂いたりで、3年生はなんとか通常の学校生活を送れたのですが・・・・九九が弱いです。2年生でサボったツケがついて回ってる気がします。そこで、塩漬けていた100ますを動員しています。学校が始まったら計算は少し減らそうと思います。

 

日中の学習

日能研の動画見て宿題して、育テの勉強して育テ解き直して、、で概ねすぎて行きますが、テストのたびに、初見の応用問題に対するひらめきや粘り強さが足りていないと感じます。そこで、日能研にお願いして、受講資格を得たものの休講が決まったハイレベル算数のテキストを頂きました。息子に資格がない間に3回の授業があったようなので、その分を少しずつこなそうと思います。

また、場合の数がに苦手に違いない息子。今回の公開模試の最終問題のような、整理して数えるなどは、見た瞬間拒否反応を示します。

以前、苦手をつぶしたくて買いましたが手一杯でできずでした。1,2,3の3枚のカードで3桁の整数は何通りできるか?という簡単な問題から、カードに0が入ったり、奇数しばりだったり、段階的に進んでいきます。樹形図、樹形図、樹形図で、息子も慣れてきました。いつもながらコスパ最強シリーズだと思います。

今回買い足した紫の本。非常にわかりやすいです。1~6年生用と書いてあって、そこだけは絶対に違うと言いたいですが、素晴らしいドリルだと思います。思わずどんな先生が書かれているのかチェックすると、梅田で塾を開いておられる先生でした(私が知らないだけできっと有名)。日能研がありながら、何とかして通塾できないかと一瞬でも頭をよぎってしまいましたが、我に返って、下の子どもをいつかお願いしようと決心しました。

自分で組み立てる

これだけがんじがらめにしておいて・・ですが、一応、勉強メニューは前日に相談する(まず息子が自分で考える)ことにしています。自分で勉強すべきことを考えてるのか、母的正解を考えているのか微妙ですが、頑張っています。

 

休校期間もだいぶ過ぎた今頃ですが、今のうちにやれることを頑張ろうと思います。