コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

日能研冬期講習2日目

2日目もまた、余裕だった!と帰宅しました。

 

算数は、規則を見つけ出す問題でした。息子は多分、順列や場合の数などが苦手になると思うのでこのあたりからきちんとして欲しいところ。

例えば碁石をピラミッド状に並べると、一段上がるごとに碁石が2つ増えるという法則を見つけ、では、10段目は何個?12個になるのは何段目?という問題。

 

国語は物語文、修飾語、漢字の部首つくり、同音異義漢字と盛りだくさん。

修飾語は初見のようですが、なんとなくわかったようです。同音異義漢字は全滅。。

 

2日目も楽しく行ってきたようですが、、、

早々に悪い癖が出ました。受験中、丸つけを全くしていません。わからずに空欄にしたところには黒で正答を書き込んでいます。どこを間違えたのかわかりません。

何故丸つけしないのかと聞くと、ちょっとめんどくさかってん(怒)と逆切れ。間違ってないからいいとのことですが、昨日と同じく、間違っているのに丸だと思い込んでいる箇所もチラホラ。

 

息子のほとんどは「めんどくさい」で構成されています。めんどくさいなら塾には行かないで欲しいとくどくど話したので、今日は丸つけをしてくると思います。でも、続かないんです。そのうち筆箱の鉛筆が一本ずつ行方不明になり、最後は鉛筆一本を裸で鞄に入れて行き、オール黒で丸つけをし始め、当然消しゴムははなから使いませんし、なんなら爪でバツ印跡をつけるところまでいきます。透かしてみないとわかりません。

なぜわざわざ冬休みに時間とお金を使って、学校と同じ話をしなくちゃいけないのか、、しんどいです。勉強の話がしたい。こんなに難しいのかー!とか、話したいですが何せ読解から始めないといけないので、そこまで辿り着けません。

 

愚痴になってしまいました。

気を取り直して宿題ですが、昨日と同じく授業と同じ問題のとき直しでした。プリント各1枚。

ここで判明。楽勝と言っていた算数は、半分間違えました。考え方はあっているのですが、途中で何を求めているか忘れます。

例えばマッチを置いて三角形を横に並べていく問題があるとして、必要なマッチが10本を超えるのは何個目の三角形?の問いに11(本)と回答。単位も書かないから、間違えていると余計に気付きにくい。

思い込みが強い癖を直すのは大変そうです。

また、数が小さいと、規則に基づいて計算せず、普通に数えていました。

復習、大事ですね。

 

とりあえず2日目、クリアです。

、、、クリアなのか?