コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本

息子の国語力を気にしつつ,塾の宿題(週にプリント2枚程度)をこなすことと,読書量を増やすこと以外,何も思いつかない日々。四谷大塚のはなまるリトル3年生を少しやらせてみたけれど,漠然と問題を解くだけで良いのかと自問自答。

そして,出会った本。

f:id:usamokamemo:20191015094752j:plain

これはすごい!!参観日の国語授業で漠然と感じていた疑問を,ズバっとわからせてくれた。

息子は論理的に考えるタイプなのに,国語がわから~んと言うことも,なるほどそれは,「味わう国語」が苦手なのだなと思った。

 

この本のとおりにトレーニングできるドリルを探して,「ふくしま式」という有名なシリーズであることを知った。

アマゾンにはたくさんのレビューがついているし,少し検索すればたくさんの「ふくしま式」にヒットする。息子には勉強だの塾だの言うわりに,自分は何も研究していないということも知った。

よい本と出会えてよかった。

 

 すぐにシリーズの初級版を購入。「言いかえる力」のページをさせてみた。最初は難なくクリアしていったけれど,ぱらぱらと,名詞化や語彙によるつまずきがあった。

まずはこの1冊のクリアを目指していこうと思う。 

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック]

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック]