コツコツ中学受験2023

新小4の2月より日能研へ通う息子の記録

計算力をつける術を思いつかない①

息子は公文に行っていない。

公文式の良さは素人ながら理解しているつもりだけど,忙しい日々の中で習い事を取捨選択する中,息子にとっての優先順位上位になかなか上がらなくて,タイミングを逸して,はや小3。

 

学校の勉強は特に困ることなくこなしているけれど,息子の中で,自分が計算が遅いというコンプレックスがあるらしく,色々考えてしまう

 

小2の冬から地元の学習塾にお世話になっていて,そこは,計算はほどほどに,少し難しい文章問題にじっくり時間をかけて取り組むというスタイル。塾には非常に満足していて,思考力をずいぶん育ててもらっているし,問題に取り組む粘り強さや自学習慣という,息子に決定的に欠けていたものも,1年弱でかなり身についたと実感する。

いずれ受験塾に変わらなくてはいけないのだけど,できるだけ長く,今の塾にお世話になりたくて,決断できないでいる。

だから当然,今公文に通う余裕はないし,今の塾から公文に切り替えたいという気持ちもない。

 

ではあるけれど,計算力。計算力。計算力。

中学受験に公文で猛烈に鍛え上げた計算力だけが必要とは思わないけれど,基礎としての計算力は必要と思う。

中学受験準備として,低学年で公文に通うお子さんが一定数いるという事実にも,焦るところ。 

 

100ます計算アプリをiPadに入れてみたりいくつかやってみたけれど,これというものがない。色々検索してみて,これを参考にさせてもらって頑張ってみようかな。